条件のいい職場で働きたい人はチェック◀

【看護師】看護師2年生になったけれど…

nurse-2nd
りんご@メンタルナース
看護師×公認心理師×産業カウンセラー
◆大学病院、総合病院、企業、リワークなどで従事。

◆看護師、疲れた人に向けて心が少し楽になる情報
を発信。

◆「心の保健室」を目指しています。
少し休んでいってくださいね。

こんにちは。メンタルナースりんご@nsringo55です。

看護師2年目の方もいると思います。

nurse-2nd

入職の時はコロナ真っただ中。

まさにその渦中、2年を過ごすしたかなり貴重な存在です。

体も心も何度も折れそうになったことだと思います。

看護師2年目の悩みや思い、解決策をまとめておきます。

こんな人に読んでほしい
  • 看護師2年目の人
  • 看護師1年目で今年2年生になる人
  • 2年ともコロナ禍の中で大変な思いをした人
  • 今後に不安がある看護師2年生
目次

看護師2年目の立場

nurse-COVID‑19

1年目はプリセプターもつき、看護師1年目ということで、スタッフや患者さんからも良くも悪くも注目され、フォローしてもらえる場面も多かったと思いますが、2年目はプリセプターが外れ一人前の看護師という立場になります。

「新人さんが入ってくるから」

「2年目だからよろしくね」

「1人立ちだね」

と急に一人前の看護師としての立ち位置になります。

期待されているとも言えますが

「まだ見てほしいよ」

「そんな風に言われてもまだまだ不安」

と感じている看護師2年生もいるかもしれません。

看護師2年生の思い

看護師2年生の思い
  • 1人前扱いになり、プレッシャーを感じる
  • 1年目(新人)と3年目(中堅・プリセプター)に挟まれてメンバーとしてフル稼働
  • 「後輩も入ってくるから」「先輩なんだから」と言われるが自分も自信がない
  • プリセプターが外れ、不安の中の2年目だった
  • 2年目になっても、仕事もきついし慣れた感じがしない
  • 今後、どうしようと思う
  • 本当は逃げ出したい
  • 中途半端な気がする
  • 1年生より重症者を持たされることが多い
  • 新人として注目されなくなったのは少し気が楽
  • 来年はプリセプターになるんだろうか…

実は仕事の負担が多い?看護師2年生

1年目の新人看護師と3年目のプリセプター・リーダーも始まる中堅看護師の間で、メンバーとして、1番の即戦力とされ、仕事の負担も大きい2年目看護師。

新人としての注目度が外れ、持ちも少し楽になるかと思いきや、実務の多さに疲弊が募るばかり…という2年目看護師の多いのではないでしょうか?

特に離職率の高い大学病院や大規模病院は20~30代の看護師が多く、2年目看護師はメンバーとして中核。

期待されているとも言えますが、仕事の負担が大きいのも事実です。

看護師2年目看護師の本音

「新人や先輩より重い患者さんばかり受け持っている」

「まだ自分だって不安なのに」

「看護技術も知識も、全然なしというわけじゃないけど、自信があるわけでもない。中途半端に感じる」

「来年はプリセプターやリーダーか…気が重い」

「看護師しんどい。辞めたい。正直逃げだしたい」

2年目は

(新人じゃないし、こんなこと言ったら良くないんじゃないか。)

(誰に相談したらいいかわからない)

(言っても仕方ないことなのかな…)

と本音を言えずに我慢してしまいがちです。

看護師2年目の乗り切り方/具体策

1年目と違い、プリセプターや先輩のフォローが外れ、一人前として、不安の中がんばってきた2年目看護師。

実際に大変な実務も多く、負担は増えるばかり。

仕事も辛く、逃げ場がない、追い込まれていくような気持になる人も多いです。

どこに気持ちを言っていいのかわからず、本音を隠してしまいがちにもなります。

たとえるなら、下の子ができた上の子どもの気持ちとという感じでしょうか。

寂しさと不安の中、「お姉ちゃんなんだから」「お兄ちゃんなんだから」の気持ちで仕事してきたのだと思います。

でも、その立場、思いは我慢しすぎると、自分を追いつめてしまい、もっと心も体もきつくなります。

そうなる前に、同僚、信頼できる先輩、かつてのプリセプター、主任看護師などに相談してみましょう。

同僚なら、同じようなジレンマを抱えているかもしれないし、プリセプターや理解のある上司なら

『2年目としてのつらさ』

も、つらさも理解できるものです。

もしもあなたが、

「この仕事をどうしても続けられない」

「続けていく自信がない」

「本当はとてもつらい」

と思っているのならば、我慢しすぎず伝えましょう。

大変な時、必死な時は、心も麻痺してしまったり、

辛いことに目を背けたりして頑張りすぎる傾向があります。

心の疲れ、ひずみは時間がたって訪れます。

実際には、2年目は心もとても疲れている状態にあることが多いのです。

自分を責めずに信頼できる人に話してみてくださいね。

休養、勤務の調節、負担の軽減をしてくれることもあります。

少し休んでから次の事を考えるようにしましょう。

まずは

  • 自分の気持ちに気づく
  • 自分の気持ちを否定しない
  • 休養を取る
  • 気分転換する
  • 自分の時間をつくる
  • 信頼できる人に相談する
  • 気持ちを聞いてもらう

次に

  • 仕事の継続
  • 移動希望
  • 仕事を辞めて休む
  • 転職する

という具体的にこの先を考えていけばいいと思います。

2年目看護師は自己犠牲しがちです。自分を大事にして、自分がどうしていきたいか?を考えましょう。

環境を変えるのも一つの選択肢ですね。

看護師2年目の苦悩まとめ

看護師2年目ならではの苦悩についてまとめてみました。

上司からも目が届きにくく、業務のしわ寄せがきやすい看護師2年目看護師。

愚痴を言ったり、不満を抱いたり、つらいと感じたりするのもとても理解できます。

自己犠牲で働くと、のちに心身ともに動けなくなる2年目看護師を何人も知っています。

看護師2年目がこれからのことを考えていけるように、看護師2年目の思いと解決策をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

看護のお仕事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

17 + five =

目次
閉じる