【メンタルヘルス】過労自殺のリアル

メンタルヘルス

過労自殺のリアル

 2012~2017年度に労災認定された過労死自殺497人(男性479人、女性18人)

うち、半数が自殺の原因となるうつ病などの精神疾患発症から6日以内に死亡している。

◆ 6日以内に死亡…235人(47%)

◆ 7~29日以内…93人(19%)

◆ 30~89日以内…75%(15%)

主な要因・変化

仕事内容、仕事量の大きな変化 177件

◆ 2週間以上の連続勤務 109件

◆ 上司とのトラブル 201件

◆ 1か月間の残業が160時間以上の長時間労働 88件

年代別

◆ 40代 163件

◆ 30代 129件

全体の6割超えにあたる318人が医療機関を受診していなかった。

特に極度の時間労働者で自殺した88人は4分の3にあたる67人が受診していなかった。

過労死ライン

 ◆ 病気の発症直前1ヶ月に100時間

 ◆ 発症前の2ヶ月~6か月は1か月平均で80時間をいずれも超えた場合

 ◆ 仕事の終了から次の開始までの「勤務間インターバル」が短い

 ◆ 休日のない連続勤務

過労死のサイン

◆ 会話や笑顔が減る

◆ 睡眠不足、睡眠障害

◆ 食欲不振、食行動の異常

 

本人が気づけない、声に出せない場合もあります。上司や同僚、家族など周りの人も、様子がいつもと違う、調子が悪そうなときには、声をかけ、早期発見、早期対応、早期治療を進めていただきたいです。

過労死相談窓口

労働条件に関する相談(平日8:30~17:15)

 都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧

 全国労働基準監督署の所在案内

 総合労働相談コーナーのご案内

 確かめよう労働条件(ポータルサイト)

 労働条件ホットライン(電話相談)  0120-811-610

平日(月~金) 17:00~22:00 / 土・日・祝日 9:00~21:00 (12/29~1/3を除く)

パワハラ、セクハラ、マタハラなどハラスメント相談

総合労働相談コーナー パワハラ相談

都道府県労働局雇用環境・均等部(室) セクハラ、マタハラ相談

職場でのハラスメントでお悩みの方へ ハラスメント情報

あかるい職場応援団

職場の健康管理やメンタルヘルス対策

 産業保健総合支援センター

 こころの耳

 心の耳電話相談、メール相談 

0120-565-455

月・火 17:00~22:00 / 土・日 10:00~16:00(祝日、年末年始を除く)

メール相談  https://kokoro.mhlw.go.jp/mail-soudan/

シロさん
シロさん

一人で抱え込まないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました