【コロナ】抗原検査キッドの選び方(コロナウィルス)

ブログ

国から承認を受けた医療用の抗原検査キッドが薬局で購入できるようになりました。

1・抗原検査キッドの選び方

 抗原検査キットは医療用と研究用があります。

消費者庁では、「医療用」を選ぶように呼び掛けています。

今までも、ドラッグストアなどで購入できる検査キッドがありましたが、これらは「研究用」の抗原検査キッドで、国による性能確認などが行われておらず、精度が下がるものがあるからです。

なので、これから購入する人は、「医療用(国の認可があり、精度が高いもの)」を購入してくださいねということです。

2・PCR検査と抗原検査の違い

そもそも、その抗原検査って、PCR検査と同じ?違うもの?

PCR検査とは

◆検査したい遺伝子のウイルスを専用の薬液を用いて増幅させる検査方法

◆鼻や咽頭をぬぐって採取

◆感染してから発症数日前より検出可能

◆採取の場所によっては陰性になることも(場所によってはウイルスが存在しないことも)

◆感度は70%程度

抗原検査とは

◆検査したいウィルスの抗体を用い、ウィルスが持つ特有のたんぱく質(抗原)を検出する検査方法

◆PCRよりも検出率は落ちるが短時間で結果が出る

◆鼻をぬぐって採取

◆病院でインフルエンザを検査するのはこの方法が多い

PCR検査抗原検査(抗原定性検査)
目的体内にウイルスがあるかどうかを調べる 体内にウイルスがあるかどうかを調べる
検出感度少ないウイルス量でも検出できる一定以上のウイルス量が必要
時間数時間~数日15分~30分

3・抗原検査キッド はどこで購入できる?

 薬剤師のいる薬局です。処方箋なしで購入できます。

ドラッグストアなどでも、併設されている薬局に置いてあることがあります。

薬剤師が、使用上の注意など説明してくれます。購入者はいくつかの質問に答え、サインし購入できます。

4・抗原検査キッドの値段は?

 値段は1000円~3000円が相場です。

5・検査はどんなときに使用する?

◆体調不良、症状がある時

◆県をまたぐ移動(出張、仕事、帰省、旅行など)

◆コンサートやイベント前

りんご<br>
りんご

!注意!

採取の仕方や、ウィルス量、時期によって 検査結果が陰性・偽陰性になることがあります。

体調不良や症状がある場合は、専門機関、医療機関に相談するようにしましょう。

〈広告〉

タイトルとURLをコピーしました