【高時給】コロナ関連で働く看護師の仕事/10選

看護師の働き方・転職

こんにちは。メンタルナースの@nsringo55です。

 この2年は、世界中がコロナに翻弄された年でした。去年の今頃は、まだワクチンや治療薬もなく、医療現場では、先の見えない不安、リスク、誹謗中傷を抱えながら医療者は働いていました。

 現在は、ワクチン接種も国民の7割以上接種しており、感染者は少し落ち着いては来ましたが「オミクロン株」という新しい変異が確認され、第6波も懸念されています。

 とはいえ、1年前と違うことは、ワクチン接種率の浸透、治療薬、蓄積したデータ、対応マニュアルもできてきたことです。コロナ関連の仕事として、どんな働き方、職場があるかまとめてみました。

この記事でわかること
  •  コロナの働き場所ってどんなところがあるの?
  •  コロナの働く場所での給料・時給は?
  •  コロナの働き場所でのメリットは?
  •  コロナの働き場所でのデメリットは?
  •  コロナで働くのに向いているのはこんな人

コロナ関連で働く 看護師の仕事10選

1・コロナ関連の職場

1・病院 

給料・時給
  •  正社員…+300円~3000円/日程度
  •  パートやアルバイト…1500円~2400円

コロナを受け入れている病院、受け入れてない病院でわかれます。

受け入れているところは少し待遇が良くなっていますが、正社員だとリスクの割に合わないと考えている人も多いようです。

仕事内容

一般診療科では、普段の医療、看護体制ですが、救急、ICU、呼吸器科、感染症科、コロナ専用病棟などの直接的にコロナ感染者を対応する病棟では、感染対策(ゾーニング、ガウンテクニック、PPE装着、掃除、消毒)、重症度に応じた医療ケアなどが必要。

仕事の特徴

身体的にも精神的にも負担が最も大きい傾向があります。

2・診療所やクリニック

給料・時給
  •  時給1300円~1800円

 仕事内容

入院ベッドがない場合は、外来での対応です。通常の業務+コロナ感染対策の対応です。

具体的には、消毒の徹底、マスク着用、換気、発熱者の隔離、アナウンスなどです。

 診療所やクリニックの場合は、個人病院であることも多いので、手当てはその病院によって、手当てがつくところもあれば、付かないところも多いでしょう。

3・療養所 

給料・時給
  •  時給1700円~3000円程度
  •  日勤15000円~30000円/回
  •  夜勤50000円前後/回

仕事内容

ホテルや施設等で、コロナ陽性患者の健康観察の仕事です。

軽症者対応で、部屋で隔離という形で、一日2~4回程度の症状の聞き取りが主な業務です。ゾーニングもされており、施設によって異なりますが、基本的には直接のケアというよりは、電話での聞き取りが主となります。

仕事の特徴

 精神的にも身体的にも負担は少なめです。

4・PCR検査会場

給料・時給
  •  時給1600円~

仕事内容

自治体で行っているところや、民間で行っているところがあります。

キットを使用し、感染対策の徹底化、ガウンテクニック、PPE装着にて対応します。

仕事の特徴

直接対応なのでリスクはありますが、業務自体はルーティン、単調なもので負担は少ない仕事です。

5・保健所

給料・時給
  •  時給1600円~
  •  月給240000円~320000円

 仕事内容

保健所では業務は多種多様です。コロナ関連だけではなく、ワクチン接種の問い合わせ、一般的な保健事業、母子保健、福祉、障がい者対応、健康診断など、細かく分かれています。

パートやアルバイトの場合は、補助的な事務業務やコール対応が多いです。

仕事の特徴

直接的感染リスクは低いですが、感染状況によって、仕事の忙しさに波があります。

6 ・コロナワクチン接種会場

給料・時給
  •  時給2400円~10000円

仕事内容

業務はワクチン接種(筋肉注射)です。

受付担当、薬液を詰める仕事担当、注射担当、経過観察担当と分業制の場合もあります。

仕事の特徴

短期のものが多いです。時給は高めに設定されています。

聞いたものでは、高いところで時給1万円もありました。

筋肉注射ができればこなせる仕事です。

今後もワクチン接種は第3回、第4回、毎年と必要になって考えられますので、もうしばらくこの案件もあるとは思います。見つけたら、好時給なので、応募するのがいいでしょう。

スキルアップにもなります。

7・コロナ関連相談コールセンター

給料・時給
  •  時給1300円~1600円

仕事内容

自治体や、保健所、民間委託事業としてコロナ関連の相談を受ける仕事です。

マニュアルがあることがほとんどで、研修を行うこともあります。

仕事の特徴

直接コロナ陽性患者にかかわる仕事ではないので、感染リスクはありません。

8・コロナ関連保健相談

給料・時給
  •  時給1800円~2200円

仕事内容

コールセンターではなく、自治体や保健所などで、直接窓口業務もあります。

こちらもマニュアル、研修などはあることがほとんどです。

仕事の特徴

感染リスクがないとは言えませんが、窓口の業務、案内業務なので、身体的負担は少ないでしょう。

9・コロナ関連夜間電話相談業務

給料・時給
  •  20000円~25000円/日

仕事内容

夕方~翌朝までのコロナ関連電話相談の業務です。

マニュアル、対応は決まっていることが多いです。

仕事の特徴

電話対応なので感染リスクは低いです。

感染状況によって、繁忙さは左右されます。

10・コロナ陽性患者移送業務 

給料・時給
  •  時給2300円~3000円

仕事内容

自治体、保健所などの管轄で行うことが多く、都庁、道庁、都庁、府庁などの職員や、責任者、管理者が付き添うことが多いです。救急車で医療機関まで付き添います。厳重な感染対策が必要です。

仕事の特徴

感染リスクはありますので、徹底した感染実習を行うことがほとんどです。

コロナ関連のところで働くメリット

 手当がつき、給料は高めに設定されている

 ・短期集中、期間限定の働き方ができる

  ・感染対応ができるようになる

  ・コロナ情報に詳しくなる

コロナ関連のところで働くデメリット

 ・コロナの感染リスクがある

 ・誹謗中傷があることも実際はある

 ・理不尽に怒りやクレームをぶつけられることもある

 ・感染状況によって、繁忙期の波がある

 ・不安や不満、ストレスはたまりやすい

コロナ関連業務の募集はどこで見つけるか?

ハローワーク

 自治体で行っている事業も多く、ハローワークで募集をかけていることも多いです。

看護師転職サイト

 転職サイトに募集をかけている場合も多いです。2~3個は登録して、募集を見てみましょう。

コロナ関連の仕事が多い転職サイト 3選

MC─ナースネット
コロナ特が組まれており、コロナ関連求人多し。一番のおすすめです。

ナース人材バンク
他の地域でも働くことができる案件が多い(マンスリーマンション、ホテルなどの準備あり)。自由に働きたい方におすすめです。

看護師転職なら【メディカルワークス】
首都圏の募集が多い(東京・神奈川・埼玉・千葉)

まとめ

派遣や短期で働く看護師にとっては、高時給で以前よりは働く体制、マニュアルができてきた分、働きやすくなっています。

自治体や、首都圏と地方では給料、時給の違いはありますが、 他のところよりも高く設定されています。 業務も決まっていることも多く、定時で帰れることも多いです。

りんご
りんご

短期、高時給で働きたい人、派遣で働く看護師さんにはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました