【本】ヴァイタル・サイン

movie,book

二子玉川グレース病院で看護師として働く堤素野子は、31歳になり今後のキャリアについても悩みながら忙しい日々を過ごしていた。患者に感謝されるより罵られることの方が多い職場で、休日も気が休まらない過酷なシフトをこなすが、整形外科医である恋人・翔平と束の間の時間を分かち合うことでどうにかやり過ごしていた。

 あるとき素野子は休憩室のPCで、看護師と思われる「天使ダカラ」という名のツイッターアカウントを見つける。そこにはプロとして決して口にしてはならないはずの、看護師たちの本音が赤裸々に投稿されていて……。心身ともに追い詰められていく看護師たちが、行き着いた果ての景色とは。

 映画「いのちの停車場」やNHK連続ドラマ「ディア・ペイシェント」など、数々の話題作を送り出してきた、現役医師でもある著者の最新作!終末期の患者が多く入院する病棟で働く女性看護師の目を通して、医療現場の現実や限界をリアルに描いたエンタメ長編!

 患者さんに、最期まで笑顔でいてほしいから――

Amazonより

医師でもある南杏子さんの本です。

最近では、訪問医療を描いた『いのちの停車場』も映画化されました。

看護師は白衣の天使なんかじゃない…精神的にも肉体的にもギリギリで働いているという現実。

看護師の仕事の過酷さ・苦しさがよく表現されていると思いました。読んでいて、胸が苦しくなりました。

看護師が読むと…どうだろう?辛くなるかもしれない。

でも、最後には、そんな中でも、少し前を向けるというか、小さな希望の中生きていくという感じで終わっていくのは救いかもしれません。

実際に起こった、点滴に消毒剤を入れた事故や、窓から入所者を落とした事件なんかも取り上げられています。

そのような悲しい事故は、どうして起こるのか、追いつめられるような現場の苦しさに目を向けています。

読んでよかったと思いました。

タイトルとURLをコピーしました