【本】テスカトリポカ/佐藤究/角川書店

movie,book

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。

amazonより

  残虐で暴力的なクライムノベルです。

主人公は川崎で生まれた混血児コシモ。母は麻薬中毒、父は暴力団幹部。

ネグレクト状態の不運な少年が大きな悪に巻き込まれていく話です。

キーワードは、『闇社会』『アステカ帝国』『臓器売買』『麻薬売人』『血の資本主義』

キーワードを聞くだけでヘビーですよね。

小説として世界観をまとめているのが、古代アステカ文明です。題名の『テスカトリポカ』はアステカの最高神で、煙を吐く鏡(テスカトリポカ)という意味です。すごく怖い話なのに、文明とか、神、信仰心も出てくるので、神々しさというか、壮大さも感じます。古代アステカ文明では、生きた心臓を生贄にするという風習があって、そのこともモチーフとなっています。犯罪を神聖化するつもりはないですが、ダークで不思議な世界観です。

とにかく暴力的で残酷な話なので、読む人を選ぶかもしれません。

フィクションではありますが、すごく取材されたんだろうなと、リアルに感じさせる重苦しく残虐な小説。

わかりやすく言うと、クレイジージャーニーの丸山ゴンザレスさんのようなムードがあります。作者の佐藤究さんは、実際に親交もあり、一緒に取材されたりしているようです。

私は、北斗の拳みたいな世紀末を思わせるビジュアルが浮かびました。かといって、コシモがケンシロウというわけではないのですが、北斗の拳に出てくる悪役がたくさん出てくる感じ。

 世界のどこかにこのようなリアルがもしかしたら、あるのかもしれないと思うと、人間の欲、おぞましさを強く感じました。最後は少しだけ救いもあります。

 久しぶりにダーク・重厚小説読みました。さすが話題になっている小説でした。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
movie,book日記雑記
ナース りんごをフォローする
メンタル保健室
タイトルとURLをコピーしました