【映画】ハクソー・リッジ

movie,book

緑豊かなヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドスは、第2次世界大戦が激化する中、陸軍への志願を決める。先の大戦で心に深い傷を負った父からは反対され、恋人のドロシーは別れを悲しむが、デズモンドの決意は固かった。だが、訓練初日から、デズモンドのある“主張”が部隊を揺るがす。衛生兵として人を救いたいと願うデズモンドは、「生涯、武器には触らない」と固く心に誓っていたのだ。上官と仲間の兵士たちから責められても、頑として銃をとらない。とうとう軍法会議にかけられるが、思いがけない助けを得て、主張を認められたデズモンドは激戦地の〈ハクソー・リッジ〉へ赴く。そこは、アメリカ軍が史上最大の苦戦を強いられている戦場だった。1歩、足を踏み入れるなり目の前で次々と兵士が倒れて行く中、遂にデズモンドの〈命を救う戦い〉が始まる──。

amazonより

監督はメル・ギブソン。この映画は実話です。

 主人公デズモンド・ドスは、自ら軍隊に志願するのですが、宗教上の理由と、父との関係性での葛藤から、決して銃を触らないという信念を持っています。戦争で「命を奪うのではなく救いたい」と、傷ついた兵士を救助する衛生兵になることを望みますが、軍曹や他の兵士に馬鹿にされ、いじめや嫌がらせを受けてしまいます。それでも、衛生兵として命を救いたいという自分の信念を貫き、戦場へ。激化する沖縄の高田高地(ハクソー・リッジ)で、傷ついた兵士たちを神に祈りながら、たった一人で勇敢に救助するという話です。

戦争シーンは過激でグロテスクでもあり、死体は沢山出てくるし、手足・腸、肉片は吹っ飛ぶし、苦手な人は辛いかもしれません。

 こんな状況にいたら、もしも生きて帰っても、PTSD間違いなしの悲惨さ。

銃をとらないことで「臆病者」と言われていたドス。臆病者なんかではなくて、最後まで人の命を救うことを貫いたドスの姿は胸を打ちます。ドスは、敵の日本兵も手当したり助けます。命を救うことを純粋に貫いた人です。

題名のハクソーリッジは、沖縄戦で最も激戦となった前田高地(ハクソー・リッジ)の事です。この崖を越えて、アメリカ兵が日本兵と戦います。

映画で描かれている戦争は、とにかく戦いの距離感が近くて、迫力もすごいですし、こんなに人と人がぶつかり合い、殺し合うというのも衝撃です。胸に迫る映画でした。

日本兵は、「死を恐れず攻撃してくる日本兵」として描かれていて、その当時の日本兵の必死さ、愛国心と言っていいのか……辛いです。日本人は、最後に毒を飲んだり切腹したり……それも事実ですし、その当時の兵士を思うと、苦しく感じる映画でもあります。

ちなみに、ドスの妻は看護師です。前半では、彼と奥さんのなれそめのシーンもあり、チャーミングな彼の性格が描かれています。

アマゾンプライムで無料で見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました