【心理学】緊張を味方につけるには?

メンタルヘルス

こんにちは。ナースりんご@nsringogo55です。

プレゼンや面接、自己紹介などで手足が震えたり、頭が真っ白になったりして、うまくいかなかった・・・という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

人は、自分を実物以上に良く見せようとすると緊張します。

失敗したくない

うまくやらなければ・・・

と気持ちが焦ってしまいます。

でも、緊張するのも悪い事ではありません。

慣れている事をするときには、緊張やプレッシャーが強い方がうまくいくと心理学者ヤーキーズとドッドソンは言います(ヤーキーズ・ドッドソンの法則)。

逆に慣れてないなことは、緊張が弱い方がうまく行きます。

緊張を和らげるには

◆緊張するのは当然だと考える

緊張も含めてその場を楽しむ気持ちで取り組んでみましょう。

◆いつもしている作業をする

いつも通りにふるまう事、ルーティンがあればその通りにふるまう事で、気持ちが落ち着きます。

◆失敗を恐れない

失敗しても成功しても、貴重な体験に変わりない!と思う事で心が少し軽くなります。

◆普段通りの声を出す

発声練習をしてみましょう。いつも通りの声で話すと印象も変わります。

◆「緊張しています」とカミングアウト

緊張を抱え込まず、気持ちを正直に話す事で気持ちが楽になります。

◆好意的な聴衆を見つける

人前で話すときは、前から3列目くらいの目に見える範囲の方で、反応が良い人に向けて話をすると、心のこもった話ができる。

◆深呼吸をする

ゆっくりした呼吸は副交感神経を刺激し、リラックス効果をもたらす。

多少緊張しても、あなたにとって、貴重な経験となります。

その場を楽しむような気持ちで挑んでみてはいかがでしょうか。

私、りんごも、人前でお話しするのは苦手ではありますが、ある時から、「聞きに来てくれる方たちは、私を見に来ているのではなくて、私が話す内容に興味を持ってきてくれている(当たり前なんですけど)」と視点をシフトすると、あまり緊張しなくなりました。

それからは、内容をわかりやすく伝えるには?という事に重点を置くようになり、緊張というよりは、どうしたら伝わるかな?と考え、相手の反応や表情を見ながらお話しできるようになりました。

そうすると、こちらも安心しますし、一人よがりにならないプレゼンや発表ができるかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました