【心理学】ほめて伸ばす心理学

キャリアアップ

こんにちは。ナースりんご@nsringogo55です。

部下や後輩を伸ばしたいとき・・・

意図的に褒め続けて行くと、次第に部下や後輩の成績、仕事成績が上がる事があります。

人は、誰しも褒められると嬉しくなりますし、気分が良くなります。

褒め続けると、「自己肯定感」も刺激されますし、自分で自分自身に期待を持てるようになり、次第にそのように変化していきます。

これを心理学では自己成就予言と言います。

シロさん
シロさん
例えば、見られる仕事である芸能人やモデルさん、「きれい」「魅力的」「かわいい」「素敵」と言われると本当にきれいになっていきますよね!

上司の期待に応えようとする心理

部下としても、上司に褒められることで、自分は期待されているんだと思うようになり、どうにかして期待に応えようとする心理が働きます。それで、以前より仕事に励むようになり、結果として成績が上がるというわけです。

このように、上司が部下を信じて期待をかける事で、部下もその期待に応えようとすることをピグマリオン効果と言います。

自己成就予言とピグマリオン効果

どちらも、褒める事で部下の心理をうまく刺激し、やる気を起こさせるようにするものです。

褒めるポイントとしては、小さなことでもいいので、より具体的に、その人らしさが出ているところを褒めると、「見てくれているんだな」と相手も感じますし、良さを伸ばしていく事に繋がります。

とはいえ、不自然に褒めすぎたり、見え透いた褒め言葉では逆効果なので、褒め方や褒めるタイミングは、注意が必要です。

褒められて伸びる?

自己成就予言とピグマリオン効果を理解し、人との関係性、コミュニケーション、人材育成、教育、子育て、人間関係など様々な場面で効果的に使ってみる事で、よりよい人間関係が作れそうですね。

ほめられると嬉しいし、「もっと頑張ろう」「もっとほめられたい」「見てくれていると安心する」「相手にも信頼や好感を持つ」というメリットがあります。

叱られて伸ばす…というよりは、ほめて伸ばす方のが効果的ですし、叱る場面でも、信頼関係や人間関係を構築されている関係性の方が、叱られても、内容を受け止めてくれることが多いと思います。

●会社や職場(上司と部下)

●学校や塾(教師と生徒)

●部活やサークル(先輩、後輩)

●子育て(親と子)など・・・

私も、プリセプターやエルダーの時、後輩のできる事、できない事を観察し、できる所はほめるようにしました。

できない事も、相談しやすいような雰囲気や、こちらから声をかけて確認していく事で、できる事も増えていきますし、結果、後輩が育ってくれるという事は、仕事もしやすくなるし、また、後輩もいずれその後輩に教える時のお手本に自分がなるのだから、やっぱりわかりやすく教えてあげたいですよね。

プリセプターは、2倍くらい仕事しているような気持ちになって大変な時もあるけれど、自分も成長できるチャンスでもあります。後輩と一緒に成長していけるといいですよね。

りんご
りんご

ぜひ、意識してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました