【依存】依存症の恐ろしさ

メンタルヘルス

こんにちは。ナースりんご@nsringogo55です。

最近、伊勢谷友介さんが大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

自分で使うためだったと自供しているとのことです。

芸能活動以外にも社会活動や会社経営などで活躍されていたようで、残念です。

このようなニュースを聞くたびに、依存の怖さ、恐ろしさを感じますね・・・。

依存から抜けるのは、決して楽ではないですし、一時期の快楽のために、今まで築いてきた信用・名誉・仕事・人間関係を失う事の怖さもありますよね・・・。それが依存症の本当の怖さかな、と思ったりもします。

依存症とは

特定の物質の使用や行動に関して、自分で自分の欲求をコントロールできなくなる病気。

依存症は『否認の病気』と言われるように、本人が病気を認めたがらない傾向(病識の欠落)があり、受診までに時間がかかる事、家族や周囲の人もなかなか受診を勧めるのも困難な事も多いです。

自分一人の力で依存から立ち直る事も難しく、本人はわかってはいるけど、やめられない状態であるので、専門機関や、医療的治療、ダルクやアルコホリック・アノニマス(AA

)などの自助グループへの参加や、家族を含めた周囲からのサポートが不可欠です。

薬物依存症(麻薬・覚せい剤・シンナーなど)

精神的依存…繰り返し薬物を使用したくなる状態

身体的依存…薬物がなくなると不快な離脱症状(不眠、過眠、抑うつ、焦燥、幻覚、けいれん発作、異常発汗など)が出る。

薬物依存は、やめられなくなる精神的依存が強いと言われています。

薬物乱用の方を看る事もありますが、幻覚を見たり、言っている事もまとまりがなく支離滅裂、脱抑制(抑制のきかない状態)、虫が這うような(幻触)感覚を訴える方も多いです。精神的依存が強いので、まずは、薬物を絶つことからなのですが、自己コントロールや家族や身の回りの人だけで見る事は大変だと感じます。

アルコール依存症

大量のアルコールを長期に飲酒することで、アルコールに対する身体と精神の依存が生じた状態アルコール摂取の習慣化で、アルコールに耐性ができ、量も回数も増えていきます。

身体的弊害・・・肝臓への負担、肝炎、肝硬変、肝癌へのリスク

精神的弊害・・・日常生活、社会生活への障害、人間関係の破綻、信用・信頼の低下など

治療は、断酒が基本であり、必要なら嫌酒剤(お酒を飲むと気分が悪くなる薬)などで治療することもあります。アルコールも、体を壊してもなかなかやめられない人が多いです。心理面では、断酒会などの参加も効果があります。

ギャンブル依存症

スリルや興奮を繰り返し得ようとして、経済的、社会的、精神的な問題が生じてもギャンブルをやめることができない状態。ギャンブルの資金を作るために借金をしたり、周囲との人間関係が破綻することもあります。

ギャンブル依存には、報酬系という脳内のシステムが関係しており、ギャンブルをしている時の、高揚感、ドーパミン放出により快感が忘れられなくなり、繰り返してしまう状態に陥ります。

ギャンブル依存は、双極性障害などが隠れている場合もあります。多額の借金をしたり、寝ないでのめりこむこともあります。

ゲーム依存(ゲーム障害)

ゲームが辞められなくなる状態で、不登校、生活リズムの変調、情緒不安定などが症状です。最近、若年者で増えてきている依存です。

成長過程時期でもありますので、その後の人生にも大きく影響も考えると、周りの大人も気づいて介入する必要があるでしょう。

コロナ禍で家で過ごす事も多くなり、ゲーム障害は多くなってきている傾向にあります。

買い物依存症

行動嗜癖の一つ。女性に多い。買い物をすることで、一時的に高揚感が得られ、繰り返してしまう状態。借金をしたり、カードで返済できなくなったりすることもあり、経済的破綻を招く。

根底には、不安やストレスがある事が多い。

対人依存

対人に対する依存傾向。

特定の人に対し、過度に依存したりコントロールしたりする関係性を持ち、他者からの承認や支持を強く求めるパーソナリティ特性を持つ。人格障害など対人関係に特徴的な疾患を持つ場合も多い。

性依存

性に関する行動嗜癖の特徴がある。

性的な興奮や刺激に溺れる事が常習化し、信用・信頼の失墜、家族や周りの人との人間関係の破たんなどを招く。

また、望まぬ妊娠や性病罹患などのリスクも伴う。

依存症の怖さ・まとめ

依存症から立ち直るのは、簡単ではありません。

そして、自分一人ではかなり困難です。

理解者、協力者が必要ですし、専門的施設、専門的治療、専門的アドバイスが必要です。

入り口は、ほんの出来心であったり、気分転換であったり・・・と、簡単かもしれないけれど、抜け出す事はとても難しいというのが、依存症の特徴かなと思います。

まずは、ヘルプを出せる事、闘病の気持ちを持つ事かなと思います。

タイトルとURLをコピーしました