【ストレス】生きていく事はストレスの連続なのか・・・?

メンタルヘルス

こんにちは。ナースりんご@nsringogo55です。

生きていく事って、大変ですよね・・・。

「生きていても仕方がない・・・」「何のために生きているのかわからない・・・」というお話も聴くがあります。辛いですよね・・・大変ですよね・・・って私も思います。

説教っぽい事も言えないですし、生きていく=辛いというのはわからなくはないからです。

いい事もあれば、悪い事もある。

人生とはそういうものではありますが、時には生きていくそのものが辛かったり、苦しさから気持ちが八方ふさがりになる事もあります。

辛い事を一人で我慢する必要はないし、必ず出口や方法があります。

あなたの声を聴いている人がいますから。

辛い気持ちを数値化、ミエルカしてみる一つの目安があります。

社会再適応評価尺度

アメリカワシントン大学のホームズらが1968年に開発したストレスランキング社会再適応評価尺度です。

誰にでも起こりうる43項目のライフイベントでそれによるストレスの重みを点数化したものです。

1配偶者の死100
2離婚73
3夫婦別居生活65
4拘留または刑務所入り63
5肉親の死63
6自分の病気や障害53
7結婚50
8解雇47
9夫婦の和解調停45
10退職45
11家族の病気44
12妊娠40
13性的障害39
14新たな家族成員の増加39
15職業上の再適応39
16経済状況の悪化38
17親友の死37
18転職36
19配偶者と口論の回数の変化35
20約1万ドル以上の借金31
21担保・貸付金の損失30
22仕事上の責任の変化29
23子供の独立29
24親戚間トラブル29
25個人的な成功28
26配偶者の就職や離職26
27修学、卒業、退学26
28生活の変化(新築など)25
29個人的な習慣の変化24
30上司とのトラブル23
31勤務時間や同労条件の変化20
32引っ越し20
33転校20
34趣味やレジャーの変化19
35宗教活動上の変化19
36社会活動上の変化18
371万ドル以下の借金17
38睡眠の大きな変化16
39家族団らんの回数の変化15
40食事時間の大きな変化13
41長期休暇12
42クリスマス12
43信号無視などのちょっとした違反行為11

合計点数

◆150点を超えると30%

◆150~299点だと50%

◆300点を超えると約80%

の人がその後1年以内に心身に何らかの不調をきたす可能性があるとされています。

こちらは、日本人の勤労者を対象にした研究結果です。

こちらの方が日本人にはなじみがあるかもしれません。

勤労者が対象なこともありますが、仕事のストレスが上位な事も、特徴だと思います。

人生の中の大きな時間を仕事に費やすのですから、その仕事がストレスと感じるという事は、大きな負担となっているとも言えます。

タイトルとURLをコピーしました