【ニュース】点滴連続殺人事件 元看護師、無期懲役に

ブログ

点滴に消毒液を入れ患者3人を殺害した罪などに問われている元看護師の裁判で、横浜地裁は久保木愛弓被告(34)に無期懲役判決を言い渡しました。

これまでの裁判で、検察側は、「心神耗弱状態とは言えず、完全責任能力があった」と主張し、死刑を求刑していて、責任能力と刑の重さが争点となっていました。

9日の裁判員裁判では、 家令裁判長は 「動機も身勝手極まりなく、刑事責任は誠に重大」とする一方で「更生の可能性がある」として無期懲役(求刑死刑)を言い渡しました。

 争点だった刑事責任能力について、家令裁判長は被告が当時、自閉スペクトラム症(ASD)の特性を有し、うつ状態にあったと認定。しかし、それ以外の精神障害は認められないなどとして、完全責任能力を認めた。事情を知らない他の看護師に点滴を投与させるなど、「計画性が認められ悪質だ」と指摘した。

一方で、被告が起訴事実を全て認め、反省の弁を述べている事、反社会的行為と無縁の生活を送ってきたことなどを考慮し、「死刑の選択を躊躇せざるを得ない。償いをさせるとともに、更生の道を歩ませるのが妥当だ」と述べました。 

 この判決には、医療者も注目していたかと思います。

 仕事の過酷さ、病気になるまで追い詰められていたことに関しては、理解もできなくはないですが、 看護師、医療者としての倫理観は、もはや機能しておらず、『殺人』という一線を越えてしまったことは、恐ろしく残酷な事件であったと思いますし、このような状態で仕事していたこと、看護師を続けていたこと、仕事せざるを得なかった状況や環境についても、問題提議を投げかけたと思います。

それと同時に精神の脆さ、人を殺すまでに追い込まれる精神性を改めて深く重く感じました。

 

タイトルとURLをコピーしました