【ふるさと納税】まだ間に合う?ふるさと納税

生活・お金

こんにちは。りんご@nsringo55です。

ふるさと納税はすっかりおなじみになりましたが、皆さんはしてますか?

私は毎年しています。

もう、師走。ふるさと納税間に合う?

はい。12月31日まで申し込めます。

こんな方は読んでみてください
  • ふるさと納税って何?
  • ふるさと納税できる人は?
  • ふるさと納税って聞いたことがあるけどやったことがない
  • ふるさと納税って手続きが面倒じゃないの?
  • ふるさと納税のメリットデメリットは?
  • まとめ

ふるさと納税とは

 ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付することで、 名産品などのお礼(返礼品)もいただけて、 2000円を超える部分は、所得税の還付、寄付した自治体から、住民税が受けられる自治体にとっても、あなたにとってもWinWinのお得な制度です。

ふるさと納税できる人は?

 誰でも行えますが、税額控除を受ける場合は、所得税や住民税を収めている本人が申し込む必要があります。

※控除を受けられる金額には上限があります。家族構成・年収(所得)・収めている税金の金額によって異なります。

ふるさと納税ってどうやってやるの?

ふるさと納税サイトで申し込みます。

最大30%ポイント還元/楽天利用者は登録不要でポイントもたまります。

利用率No1/掲載自治体No1

最大12%のふるなびコイン還元

Amazonギフト券7%還元

オリジナルの大容量返礼品あり

私が今まで使用したのは楽天とさとふるとふるさとチョイスです。どれも使いやすいですし、おすすめです。

ふるさと納税の手続きは?面倒じゃないの?

 ほとんどの自治体が、ワンストップ特例制度を行っているので、とても簡単です。

ワンストップ特例制度とは…寄付後に届く書類でワンストップ特例制度申請書で翌年の1月10日までに寄付した自治体に申請書類を送付することです。

もし、ワンストップ特例申請し忘れてしまったら、確定申告しましょう。

※ふるさと納税を5か所以上されている方は、ワンストップ特性制度は使えないので確定申告が必要です。

ふるさと納税のメリットデメリットは?

ふるさと納税のメリット

  • 返礼品がもらえる
  • 自治体に応援できる、興味が持てる
  • 控除される、節税になる

ふるさと納税のデメリット

  • したことがない人にとっては、少し面倒に感じる
  • 寄付する人にはあまりデメリットはないが、自治体によって収入の格差が出る

まとめ

1月1日~12月31日に申し込み、豪華な返礼品がもらえたり、翌年の控除が受けられるお得な制度です。収入のある方は、ぜひ利用してみてくださいね。一度やってみると、簡単で「早くやればよかった」と思うはず。

私は、お肉、うなぎ、果物が多いのですが、今年はおせちも申し込みました。今日、届いたのですが、チルド製品かな?なんて思っていたのですが、ちゃんと手作りで、冷凍で送られてきました。お正月まで冷蔵庫に入れておいて、お正月に食べようと思います。

タイトルとURLをコピーしました